So-net無料ブログ作成
検索選択

ここに来ての・・・・ [日記]

 二十四節季では“雨水”を迎えたというのに、ここにきて、真冬並みの寒気。

 先日までは、“三寒四温”を感じていたのに、これでは“四寒三温”、逆に右下がりトレンド(w)。

 アメダスデータでは職場の所在市の積雪深は192cm。 3年連続の大雪で、冬の期間は地球温暖化がピンとこない。

tdaywvsd.JPG

 積雪深の190cmに加え、屋根から落ちた雪で、職場の1階の窓から外を見ても何も見えない。

 更には、職場にある、5m四方程度の中庭には、空からの雪がてんこ盛り。 設計者は地元の会社じゃないのかな? 地元民なら、中庭作っても冬にこうなることは判るはずだが・・・・。

tdaymgrsd.JPG

 さて、天候も「ここにきて・・・・」なのだが、大学受験(二次試験)を来週に控えた息子が“ここにきてインフルエンザ”・・・・。 予防接種を受けているので、極端な高熱ではないのが幸い。

 自分も勤務中に悪寒と頭痛がしたので、早退して寝込む。 起きたら自分はかなり回復したので、PCに向かっているのだが、インフルの息子は相変わらず熱が高い。

 息子を診てくれた医師は、「受験日は来週なので大丈夫(本人も治るし、他の受験者に移さない)。」と言ってくれているので、ひと安心なのだが、それにしても「天気も息子も、ここまで来て勘弁してくれ~」なのだ。

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

子離れしなくっちゃ [日記]

 僕が高校生の頃、ある日突然、友人の一人が色めき立ち、デビュー間もなく名も知らなかった尾崎豊の「十五の夜」を懸命に賞賛しだした。

 「僕が僕であるために・・・・」といった歌詞。 1つしか年が違わない尾崎氏のその歌は、多感で所在無く揺れ動く、高校生の心を揺さぶったんだろうね。

 でも、あれから30年になろうとしているのに、不惑をとっくに過ぎたというのに、僕は未だに惑いっぱなしで、時折、正体不明の焦燥感に迫られては、未熟な自分が情けなくなる。

 そんな風に思ったのは、県外の大学への進学を希望している息子の卒業がいよいよ近づいてきて、寂しくなってきたからなんだろうな~。

 不惑を過ぎても惑う自分。 逆に子供達が小さく若かった頃の方が、がむしゃら育児と仕事で時間が過ぎていって、そんな惑う余裕もなかった。

 子供が3人いるから、長男が自宅を離れても、まだ高校と中学の娘が家に残っているけれど、僕は欲張りだからやっぱり寂しいな~。

 親なら誰でも通る道なんだろうけど・・・・・。 自分の親もそうだったんだろうな。。。。

(急に親孝行しなくちゃいけない気になった。)
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年2回目の献血 [ジョギング]

 ここのところ、日中の最高気温がプラスの日が続いていたので、ようやく道路の雪が消えたかと思っていたのに、今朝起きて見たら、また雪景色に逆戻り。

 早春の気象は、三寒四温、上下の波を繰返しながらも、確実にトレンドは緩やかながら右上がりに春に向かっている。 もう少しの辛抱。

 さて、僅かに小雪が舞ってはいるが、先週の三連休で娘の遠征に帯同し親父達と目一杯飲み食いした帳尻を合わせるため、ジョギングに出なければ・・、と。

 Myコースをkm当り5分半ペースでジョグり、折返しとなる約5km地点にある献血ルームで休憩。 リクライニングシートに座り、コーヒーを飲み、雑誌を読みながらの、まっ~た~り~とした1時間の成分献血。

 途中で看護師さんがコーヒーのお代わりを聞きに来てくれる至れり尽くせり。

 自分が最初に献血をしたのは高校生16才の時。 ちょうど30年前のことで、遊びに行ったダイエーの裏に来ていた移動献血車でのことだった。

 実は、自分は特に関心も無かったのだが、一緒にいた友人に誘われ、渋々付き合った・・・、というのが本音。

 でも、献血が終わった頃を見計らって、自分の親位の年齢の職員の方(赤十字の方かな?)が僕らのためにアイスクリームを買ってきてくれていた。 そして「感心な高校生だ」と褒めてくれた。

 それ以来、移動献血車を見掛けると献血をしてきたし、そのためか、15年くらい前には、赤十字から電話が掛かってきて献血をしに行ったこともある。 暇な休日には、町中の献血ルームにも行った。
(急に手術で血液が必要になった旨。当時、赤十字と職場が近かったから白羽の矢が刺さったのかな?)

 でも、献血回数を自慢する気も無いし、面倒なので献血カードはちょくちょく捨てていたので、僕の献血回数はいつも1~2回だった。 「何枚かカードがあれば一緒にしますよ」と言われたこともあり、どうやら昔は献血回数は各人が持つカードを見ないと把握できなかったようだった。

 いつの頃からか、献血情報が磁気カード&PCで管理されるようになっていたが、今回の献血で、赤十字の管理する僕の献血回数が10回になったようで、記念品をいただいた。

kenketusd.jpg

 大変素敵なガラスの杯。

 僕は日本酒は・・・なので、大好きなウイスキーをストレートで飲むのに使うか・・・。
 (ダメだ・・・、イメージできない・・・)

 これまで、献血をして色々な物をいただいてきた。 決してモノ目当てで献血してきた訳ではないが、ありがたく頂戴してきた。 その多くは、協賛企業の善意なのだ。

 お菓子、カップめん、歯磨き粉etc。 マヨネーズをいただいた時は、マヨラーの僕はその場で吸ってみたものだ(w)。

 成分献血が始まったばかりの頃、成分献血をしてテレホンカードを貰ったことがあったが、流石に金券の類なので気が引けたのを覚えている。

 バブルが弾け切っていなかった頃なので、企業の協賛も多かったんだろう。 

 献血の後、これまたコーヒーをいただきながら新聞を読みまっ~たりと30分ほど休憩し、ジョグで帰路の5kmにつく。

 でも、前回の献血時同様、「献血直後だから、大事をとって歩こう」と自分に甘くなって、帰りの1/3は歩いてしまった

 帰宅後、汗で濡れたシャツを着替えると、まるで風呂上がりのような“軽い疲労感”と“ポカポカ感”と“さっぱり感”。 冬のジョグは気持ちいい~。




nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バレンタインでい! [日記]

 昨日は、巷ではバレンタインデーだったらしいが、もう人生が半分終わった(※1)オッサンなので、そんな事はもうどうでもいいのである。

 しかし、嬉しいサプライズが! 高校1年の上の娘が手作りチョコレートプレゼントしてくれた!

 もっとも、部活の慣例で後輩が先輩に手作りチョコを送っている(※2)ので、その余りをいただいた・・・・、というのが半分なのね~。

 それでも嬉しい。 食べるのが勿体ないので死ぬまで取っておこう(w)。

vatchocsd.jpg

 去年も娘達からチョコを貰ったけど、年頃の娘の1年間は大きいからね・・・・。もう貰えないかと思っていた。

 今朝、通勤途中に昨日の喜びのバレンタインデーを思い出しては、牛のように何度も反芻する。 思い出しては咀嚼し、飲み込み、暫くしてはまた思い出し・・・・・。

 で、ふとあることに気付く。 ここ1~2日で道路の雪がめちゃくちゃ減ってる。 やっぱ、春だわ~。バレンタインなんだわ~。

 Befor
CA3B0295.JPG

 after
yusetusd.jpg

 まあ、もっとも職場周辺はまだ積雪がm超えたままだけどね~。

 それでも、これからはみるみるうちに春になるんだよ! 待ち遠しいな~。


※1:日本人の平均寿命を仮に80才ちょいとすると、もう折返し点を回って人生のゴール(鬼籍)目指してんじゃん!
※2:先輩にチョコ送る慣例といっても、女子高だから父親も安心


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋田スカイドーム遠征 [ソフトボール]

 先週末からの三連休に、高校1年の娘のソフトボール部の遠征で秋田市のスカイドームまで2泊3日のツアーに行って来た。

 うちの高校は部員がギリギリ9人しかいないので、保護者同士も和気あいあい。
 先生1人、部員9人、保護者6名の計17名が、道具車を含む計4台の乗用車に分乗し、土曜の早朝4時に山形を出発。
 片道が約200kmで最初の100kmは一般国道なので、試合開始の朝8時半は決して余裕は無いけれど、間に合うでしょう!と。
 天気は大荒れ模様だが、運転手4人のうち、自分を含めて3名は日頃から凍結路の長距離運転が日常なので、無問題。 ホワイトアウトで横壁が見えなくて泣きが入る様な吹雪でも、暗い時間帯はライトで横壁が少し見えて逆に走り易いし。

 毎日通勤する一般国道を北上し、60km先の職場を超えて更に北上し、1時間半後に秋田県境を越えた頃には、空も明るくなる、天気も落ち着き出す。
 県境を超え、暫くすると高速道路に乗ってしまえばこっちのもの。試合の30分前の8時には着くだろう。
(先生・・・・。そんなにギリで良いんですか? いつもは2時間前に会場入りするのに?!)

ourohw1.jpg

 高速道路(秋田道)の路面は圧雪凍結。まあ、ハナから諦めてます(w)。

 出発から4時間弱で到着。車にはお約束のエアロパーツが付着。しかも、後半はほぼ直線の高速道路だったので、インターチェンジで下りるためにハンドルを切ったらタイヤにガリガリと。

ouroare.jpg

 初めて来た秋田スカイドームは、予想以上に大きい!

domeout.jpg

domeinside.jpg

 こんな建物があれば。。。。。
 雪国では1年の1/3はハンディキャップがあって、野球もソフトボールも出来ないからね。。。。

 泊は運動公園内の宿泊施設に。 なんか懐かしくもあり、楽しくもある雰囲気。 いかにも“合宿”気分。
 親父には親父の合宿が待っているのです。

bedroom.jpg

wisky.jpg
 
 保護者の一人が持ってきたオールドパー15年。 親父の合宿には勿体ないような気が。。。。

 翌朝、前夜に摂り過ぎたカロリーを少しでも消費すべく散歩に。
 駐車場は一面がスケートリンク状態・・・。 パウダースノーを吹き飛ばす除雪機と背景にスカイドーム・・・。
 ソフトボールの大会でお世話になっている秋田の方に申し訳ないけれど、一瞬、頭に「秋田=極東」と。
 やっぱ、秋田は寒~~い!

icerink.jpg

domeoutwide.jpg

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雪は冬の風物詩なのか?! [日記]

 つい先日まで、“立春”と聞いて気持ちが明るくなっていた自分。 でも、この一週間で、「暦上は立春を迎えたけれど、やはり自分の住むのは東北の裏日本側なんだな・・・・」と、思わされた。

 先週頭に仕事で隣県福島の白河に向かう。裏日本から表日本に入った瞬間から、「いかにも、太平洋側の冬」といった晴天。
 山形から南に200km弱進んだ白河には積雪が一切無く、まるで山形の10月といった感じ。 同じ東北とは思えない・・・・。
 白河出張のついでに小峰城をパチリ。 元々、時間が無かったので外から写真だけのつもりだったが、先の震災でお城の石垣が崩れて立ち入り禁止だった。
 駐車場係の方曰く、「石垣は江戸時代からのもの。春は桜に囲まれ、後ろに那須の山々が映え、最高」なのだとか。修復のため、あと5~6年は立ち入り禁止らしい・・・。残念・・・。

CA3kominejtmsd.jpg

 昼は白河ラーメンの有名どころ、「とら食堂」へ。 12時ちょうどに着いたら、順番待ちの大行列。でも折角かだらと、30分以上待って食べる
 シナそばといった感じの、見た目よりあっさりながら味わい深い鶏のスープに醤油味。
 背脂のギトギト系も良いけど、やはり、こうした鶏&醤油味がいいな~~

CA3torasd.jpg

 大変美味しくいただきました!

 その3日後の週中には、寒波襲来!
 1月中~下旬の寒波に比べたら若干優しげだけど、それでも十分に「(いまさら)勘弁してくれ~」レベル。
 通勤路は圧雪で、職場に近づくにつれ雪の壁は高くなる。 もう、ただ笑うしかない

wr0208sh.JPG

 更に、この3日後には山形から200km北の秋田に遠征。 今年の秋田は例年の2~3倍の積雪量と聞くけど、驚かないぞ!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

老舗料亭の鍋、食べたかった・・ [ジョギング]

 休日ながら、朝の子供達の送迎を一通り終えると、9時には時間が出来た。

 夏と違って、冬は娘達が自転車で部活等に行けないので朝と夕に送迎をしているのだ。

 息子は雪道を自転車で通っていたが、男の子は反射神経も良いし丈夫だから転んで怪我することがないけど、女の子だと心配なのね~(w)

 天気も良いので9時半からジョギングを開始。 僕の場合、毎回1周約10kmの市内を循環する同じコースに固定して、体調に応じスピードを変えたり、ウォーキングを入れたりしている。

 先週末は天候が悪かったので、2週間ぶりのジョギングになってしまった。 まだまだ体が冬モードなので、ゆっくりkm6分ペースで走る。

 市中心部に入ると、広場で「老舗料亭の鍋まつり」の準備中。 「寒鱈なべ」「山形牛の角煮鍋」など、魅力的過ぎる文字が目に入ってくる。 一杯300円だ!

 何といっても、老舗料亭の鍋なのである! ここ4~5年は老舗料亭の門をくぐったことがないのに、目の前に“老舗料亭の味”が待機しているのだ。

CA3nabesd40.jpg

 でも、まだ準備中で、販売は12時からなので、あと2時間以上・・・・。 後ろ髪引かれながらスルー。

 更に進み、スタートから5km程(全体の約半分)走った時点に、献血ルームがある。

 この1月からMyジョギングコース上に献血ルームが移転して来たので、3週間前にジョギング中の休憩がてら献血したところ、あまりに居心地が良く、今日も立ち寄ってみた。

 しかし、盛況で待ち時間が1時間半とのこと。 以前、冬場は献血者が減ると聞いていたが、なかなかどうして、素晴らしい繁盛。 

 どうせ毎週ジョギングでこの前を通過するのだからと、献血はまたの機会にし、ジョギングを再開。

 7kmくらいの地点で左膝裏に違和感が出てきたので、そこからはウォーキングに切り替え自宅まで。

 来週の3連休は、娘の部活で秋田遠征に運転手団の一人として行くので、秋田でジョギングしているかな?? 雪が多くて無理かな??

nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小畑補完計画(計画編) [家庭菜園]

 現在、畑はまだまだ雪に覆われているが、2月はひと月の日数が短く仕事も忙しいので、例年、あっという間に過ぎてしまう。

 そうこうするうち3月に入り加速度的に雪が溶け、3月上旬頃には土が顔を出す。

 これまでの僕は、雪が溶けても“まだ大丈夫”と準備を一日延ばしに延ばした揚句に、ある日突然、ポップコーンが弾けるようにw(秋元氏の感覚はさすが)慌てふためき出し、でも結局、我が菜園は後手後手の泥縄のハンチクになるのが常だったのだ。

 しかし、それは去年までのこと。 今年は違う!違うはずだ!? 去年までは、畑を荒らしても収穫物が貧弱でも自分の心の奥にそ~っと仕舞っておけば良かった。

 だが、ブログを始めた今年は、自分を律するためにも菜園の状況をブログにUPしないといけない。 おのずと恥ずかしい状態にはできなくなる。。。。

 とはいえ、小さな畑ゆえに化石燃料に一切頼らない完全マンパワーの菜園。

 鍬で耕して、手で雑草を抜いてでは限界があり、更に、ここ数年は子供の部活役員やらで畑に手を抜いたので、春になれば雑草がワンサカ生えてくるのが目に見えてくる。

 菜園は雑草との仁義なき戦い。 敵が子孫繁栄のDNAのもと必死になっているのに、こちらがお気楽気分では結果は戦う前から決してしまう。

 こちらも決死の覚悟で臨むか、いや、“自然農法”という御旗をかざして楽して共存共栄(実際は栄は雑草だけ)を図るか・・・・・。

 少し考え、ネットで調べてみて、「今年は新たな取組みを取り入れ、省力化を図りつつ、雑草を減らして行きたいな~っと。」

 新たな取組み①:イチゴは育苗時の雑草対策や苗取りの時に腰が痛くなるので、地植えイチゴに加えて、本職農家さんの高設ベンチ栽培を参考に、試験的に露地でのミニ・ベンチ栽培にTRYしてみよう!と構想中。 ベンチ栽培ならナメクジ被害も無くなる?(減る)だろうし。

 新たな取組み②:袋栽培に取り組む! 数年前に試験的にサツマイモを袋栽培したところ、省力管理でそこそこの収穫はあったものの、土が重くて袋を多数設置する&その後に移動するのが大変で1年で止めていた。

 でも、それは土がズシリと重かったから。 昨年から良質完熟たい肥が無料で分けてもらえるルートができたので、堆肥を沢山混ぜてふんわか軽い土にすれば良い!

 昨年は自家製育苗用土として、畑の土:堆肥:100円ショップのパーム繊維を1:1:1で混ぜて使ったが、軽くて良い感じだったので、完熟たい肥だし今年は更に多量に投入しても大丈夫だろう?!と。

 円安が進行して輸入食料品が高くなる可能性も想定して、今年は菜園に気合を入れよう!

タグ:家庭菜園
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

盛岡のスフィンクス [日記]

 今週は出張盛岡に。 JRの待ち時間に駅周辺を散策し、いわて県民交流センター“アイーナ”なる建物に入ってみた。

 エントランス入って正面に、ワンちゃんのオブジェがある。

CA3modogsd55.jpg

 なかなかの愛きょう者。 宮沢賢治の童話でもモチーフにしたキャラだろうか?と、インフォメーションのお嬢さんに尋ねてみる。

 本当は、お嬢さんに話し掛ける口実が欲しかったのが半分。(w) 素敵なお嬢さん達だったのだ。

 答えは「もりおかわんこ」とのことで、館内はアートギャラリーになっているそうな。

 新幹線の時間を気にしながら、館内アート・オリエンテーリング。

 エスカレータを登って、視線を足元から上にあげたら、ちょっと不思議で魅力的な物体が・・・。

CA3msfixsd55.jpg

 タイトルは「風の日のスフィンクス」。 

 これらを含めて、全部で10個のアートがあり、JRの待ち時間ではじっくり眺められなかったのが残念!



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。