So-net無料ブログ作成
検索選択

GW前半が終わった・・ [日記]

 GW前半は、子供の部活関係etcで、慌ただしく終わってしまった。

 思えば、子供達が小さかった頃は、GWには観光地に家族で行ってたっけな~。 近県の動物園やら県内の水族館やら。

 それが、子供達がスポ少を始め、部活に移行し、休日の度に試合や遠征が入るようになり、「GW? What GW?」状態になってから、もう10数年になる。

 我が家で家族揃ってお出掛けできるのは、唯一、屋外球技のシーズンオフの正月くらい。


 連休初日、長女の高校ソフト部の懇親会のため、自宅から4km離れたホテルまで、汗をかかないよう30分掛けてwalk&jog。 うちの奥様は車で向かうが、僕は事前にカロリーを消化しておこうと。

 途中、これまで気付かなかったモノを発見。 喫茶店の建物の上方に「貸テレビ」の「貸」を塗りつぶした昔の看板跡が。 貸テレビって・・・・、いつ頃のシステムなんだろう??

CA3B0227.JPG

 幼少期、茶の間はカラーだったけど、巨人の長島選手の引退試合を祖母の部屋の白黒TVで見た僕は、貸TVの存在を知らなかった。 子供だったから知らなかっただけで、貸TVは一般的だったのかな?

 連休2日目以降は、長女と次女のソフト遠征の送迎etc。

 中2次女の遠征先は、県南部の白鷹町。 到着後、試合までの時間をジョギングで時間を潰そうと思ったら、「置賜 さくら回廊」の看板を発見。

ocrkanban.JPG

 ソメイヨシノが散り始めた頃合。 所々で携帯でパチリしながらジョグ。 古いガラケーなので写真の画像が・・・。

CA3B0216.JPG

 お地蔵様がカラフルな外套を着せてもらっている。

jizou.JPG

 さくら回廊のメインと思われる「奨学桜」なる古くて大きな桜の木。 横に大きく広がっているが、古い枝は枯れているのか、上部1/3は花が咲いていない。 樹齢何年なんだろう? 説明板があったが、試合開始の時間もあるので、読まずに次に進む。

CA3B0217.JPG

 途中の民家の塀で、有名キャラが隠れていることに気付く!! これは、浦安の魔法の王国の○○○でしょ(w)。 

tdlhei(2.JPG
mky.jpg

 看板の桜ポイントを4~5箇所ジョグで周り、看板に書いてあった距離数を合計したら、ぐるり6kmの観桜ジョグでした~。

CA3B0219.JPG

 ジョグから戻っても、まだ試合は始まっていない。 う~ん、暇だ、壁投げしよう! とコンクリートの壁に向かってウインドミルで全力壁投げ。

 送迎後に球場に居残りしていた保護者からは呆れられたが、じっとしていられない性分なので仕方がない。

 娘達は2試合をこなし、午後からは練習を始めたが、顧問の先生が「バント練習するのでお父さん投げてください!」と。 娘の役に立てる喜び。 下から投げれる僕を含む親父2人が協力。

 10mくらいの距離から40~50%くらいの力加減で投げるのだからと高をくくって、150球くらい投げたら翌日は左尻筋肉が筋肉痛になっちゃった~。

 う~ん、この筋肉痛は、午前中のハッスルのせいか?? 午後からの150球のせいか??

 どっちにしろ、自分の体力も考えずに頑張りすぎたようである。
nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小畑補完計画(ブロ苗、再び) [家庭菜園]

 先日、定植直後に強風になったためトンネル掛けしたブロッコリーちゃん。 その後の強い日差しでも高温障害にもならず元気だった~!

 寒さに比較的強いから、何もしなくても大丈夫なんだろうけどね~。 ブロッコリーちゃんが可愛いから、つい手を掛けたくなる(w)。

 スティックブロッコリーとブロッコリー、ポット苗の段階だと見分けが付かないのに、定植した途端に草姿が異なってきた。

 ブロッコリーは葉が横に広がるが、スティックブロッコリーは立ち性が強く上に向かっている感じ。

 3/20に播種し、1カ月後の4/22定植したブロッコリーを定植後5日目の4/27にパチリ。 同じ育苗ロットのブロッコリーなのに、ポットのままだと葉が横に広がっていない。 なぜ?? 

brohikaku.JPG

 同じ播種3/20、定植4/22のスティックブロッコリーの4/27をパチリ。

stbro.JPG

 僕はマヨラーなので、マヨネーズに合う野菜は全般的に好きだけど、カリフラワーとブロッコリーは別格!。 これらは、食べる時に“本体”より“おまけ(マヨネーズ)”の方がメインになっちゃうのだ。 まるで、グ○コみたい(w)。

 はたして、グリ○を“おまけ”が目的で買ってはいけないのか?? ”否!○リコは、“おまけ”があってこそ、グ○コなのだと!」。

 一昨年から栽培を始めたスティックブロッコリー。美味しいし、次々と長期間収穫できて「もっと早くから栽培すれば良かった・・・」と。

 採れたては甘くて、アスパラガスみたいに食べられる。 甘いためか小さなカメムシがワンサカ押し寄せ吸汁するのだが、五月雨でちょくちょく収穫するので消毒もできなかった。

 でも、アマガエル君もSブロッコリーにやたらと登り、張り付いていたので、カメムシ君を食べてくれていたのかな?!

 ブロ君同様に、定植直後から強風に晒されたレタス君。 でもレタス君は野ざらしのままなので横に傾いて成長している。

windretas.JPG

 レタス君も可愛いんだ。 でもね、ブロッコリーちゃんは女の子で、レタス君は男の子みたいな感じ。 男親は、ついつい娘には過保護になっちゃうもんでね~(w)。  

 僕の場合、レタスもブロッコリーも、かなり若苗の状態で定植している。

 根鉢が回るまで育苗すれば、定植時に根を痛めるリスクが減るだろうけど、プロと違い僕のママゴトみたいな規模では、定植時に丁寧に作業すればOKでしょ?と。

 育苗期間が長くなり過ぎて狭いポット故の老化苗になるより、若苗の方がいいんじゃない?! (比較したことが無いので何とも言えないけどね~。)


 地植イチゴちゃんは、いよいよ元気元気になってきた~!

0427strvgr.JPG

 でも、試験的に行っているナンチャッテ・ベンチ栽培のイチゴは・・・・・。 生育が悪い原因は、はやり培土に問題があったのかな??
 全然土を使わず、完熟堆肥に植えている様なもんだかならね~。過ぎたざるは・・・、かな・・・。

bentstrv.JPG

 もし暫く、客観的に考察してから、次の対応を考えよう。。。。

 3月から育苗していたトマト苗12株&シシトウ苗10株だが、ウラジオストックを目指したバルチック艦隊が如く、徐々に欠けて行き、ついにシシトウ2株だけとなってしまった・・・。

 原因は、小まめな温度管理ができなかったこと。 朝一に、その日の天気予報から育苗ケースの蓋の隙間をどれくらい開けるかを 「えいや!」と決めて出勤し、夕方まで放置状態。

 焼けるのが怖くて開け気味にしていたら、気温の変動が激し過ぎたこともあって低温障害で・・・・。

 ブロッコリーやレタスは大丈夫だったけど、高温好きなトマト君には厳しすぎたようです。 さーて、トマトは2年連続の育苗失敗。 根本的なシステム(温度管理方法)から構築しないと・・・・・。

 繰り返す、トライ&エラーが、楽しいんだよな~。 難しいね~、生き物は。。。。
nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小畑補完計画(ブロッコリー定植した~) [家庭菜園]

 あと2ヶ月で中体連&高校総体のため、いよいよ週末は娘達の部活絡みでの拘束(遠征、運搬etc)が多くなってきた。

 育苗中のレタス第一陣とブロッコリーの苗は、今週末(GW前半)に定植の頃合なのだが、早朝から拘束される見込み。
 
 そこで、早く家を出て出勤前にチョコチョコっと菜園活動を。。


 月曜の朝、3葉期ちょいのスティック・ブロッコリー12株のうち、半分を定植した頃から風が吹き始め、次ぎのブロッコリー12株の定植が終わる頃に強風に変わった。

 徒長してヒョロヒョロの我がブロッコリー君は横倒し・・・。近隣圃場のプロの立派なブロッコリー苗も横倒しになっている強風。

 「厳しい風でも、凌いで止んだら起き上がってくる!」とは思いつつ、過保護になって慌ててトンネルを掛ける。 「まだ遅霜が降りる可能性もあるし」という援護射撃も自分で自分に出しつつ。

 トンネル掛け後は放置状態で内部が暑くなり過ぎ“焼ける”懸念があったので、スティックブロッコリーのトンネル両端は開放しておいたが、次ぎに作業したブロッコリーは、慌てて両端を閉じたままだった。

sburotonel.JPG

 出勤リミットが迫る中でのヤッツケ作業

 火曜朝はレタス第一陣12株を定植。 何故か無意識に、全て苗は1ダース単位。 育苗箱の衣装ケースにポットを並べると切りの良い個数だったのかな??

 少々降りていた霜を見て、「ブロッコリーにトンネル掛けて良かった」と結果論の自己満足。

 昨日は横倒しだったブロッコリーの苗は、立ち上がった!ジョ~っ!

buroup.JPG

 レタス君も徒長してヒョロヒョロだったので、少々深目に植え、ふらつきを抑える

retas.JPG

 ブロッコリー君同様に寒さには比較的強いのだが、今朝の霜を見て、これまた過保護に不織布で覆ってあげる。 やはり、出勤前のヤッツケ作業(w)。

retasfusyokufu.JPG

 出勤してから、急に強くなった日差しに、ブロッコリーのトンネルが密閉に近いことを思い出した。 朝の結果論の自己満足が、途端に「やっちまった」感に変わる。 焼けなきゃいいな・・・・。

「ブロッコリー君、地球温暖化が進んでいるんだから、これしきで焼けてしまっては“種”として生き残れないぞ!頑張れよ!」と、自分のミスを棚に上げて、他力本願エールを送るのであった。
nice!(11)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

満開の桜の下の雪見 [ソフトボール]

 土日は、高校ソフトボールの地区の春季リーグ戦。

 高2娘の所属部は3年&2年で10名の小所帯だった。 それが、新1年部員5名の加入で、一気に1.5倍に! それでも15名だが(w)。

 これにて、2ヶ月後に3年生6名が引退しても、部員が9名! 今年もギリギリチームができる!

 でも、3年生は泣いても笑ってもあと2カ月。 ローカル大会を間に挟むものの、公式戦は、この春季リーグと6月の高校総体(地区予選)の2つを残すのみ。

 小所帯だからこそ、懸命な姿が見えて。 ギリギリの部員数なので皆、何がしかの故障を抱えながら騙し騙し試合に出ていた。 

 このチームメイトで戦う“春季リーグ”は、これで最後なんだね・・・・。



 1日目:土曜(昨日)、会場は晴れながら、気温は一桁。 寒いながらも、満開の桜は綺麗でした。

P4200005(sd.jpg

P4200008(sd.jpg

 試合の結果は、・・・・・・。 まあ、相手はスポーツ推薦制度がある高校なので、予定通りなんですがね~。



 2日目:日曜(本日)、起きたら降雪・・・。 こりゃ試合はリ~ム~でしょ・・・。

 はやり、会場に着くと、大会中止の判断。 会場の外野ネットetcを撤去して終了。

 我が校は、そのまま自校に戻って練習に。 娘達と道具を運搬し、校内の桜をパチリ。

CA3B0232.JPG

 まさか、花見と雪見が一緒に出来るとは思ってなかった(w)。

CA3B0233.JPG

CA3B0235.JPG

 昼のニュースでは、桜満開の時期の積雪は2006年以来で、市内の積雪は6cmとのこと。

CA3B0234.JPG

 スタッドレスタイヤは交換していたものの、交換した先が夏用スタッドレス(w)(要は、古くなった履き潰しのスタッドレス)だったので、普通に走行できたけど、ノーマルタイヤの車はノロノロ。

 だよね~。 GWの1週間前だもんね。 普通、タイヤ交換しているわな~~。

nice!(10)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小畑補完計画(エンドウ播いた~!) [家庭菜園]

 一昨日の朝、やたら早い時間に朝食を食べ、畑に立ち寄り、スナップエンドウを1列播種し不織布を掛けてから出勤した。

 家でも10日前に1列分をポットに播種している(その頃は畑を耕していなかった)ので、近く定植すればエンドウが2列になる。

 天気は晴れ。早朝の多少の肌寒さが清々しい気持ちにしてくれる。 My菜園から月山~朝日連邦が久々に綺麗に見えた。

【月の山に見える月山】
gasan(fow(0416.jpg

【朝日岳】
asahi.jpg


 その後、通勤し、職場近くで月山を横からパチリ。 自宅(菜園)から見る月山とは表情が違う。 まず、近い!!

【横から見える月山】
gasan(side(0416.jpg


 昨日、3/20に播種したブロッコリー&スティック・ブロッコリーが、1ヶ月弱でようやく3葉期に入った。(写真:右1&右2)

P4170011.JPG

 昨年は3/31播種だったので、今年はスタートが11日早いのだが、昨年の写真が無く、同時期の生育の比較ができないのだ。 (来年からは、このブログを備忘録して活用できるけどね。)

 立派なブロッコリーを収穫するには株を大きくする必要があるけれど、気温が一定以上高温になると花蕾(食べる部分)が分化しなくなるので、春蒔き栽培は播種が遅れると“ブロッコリー”が収穫できない。
(スティックブロッコリーは高温でも花蕾分化するけど。)

 以前は温かくなった4月中旬に直接畑に種を蒔いていたのだが、気温が高い年は花蕾が出来ずに観賞用ブロッコリー(w)になっていた。 「早く蒔けば霜にやられるし、どうしたらいいのか?」と。

 「寒い時期から室内で育苗し、温かくなってから畑に苗を定植すればいい。」という、基本的で単純な答えに気付いた時、僕は猿から人間に進化できた気がしたのだった(w)。


 同じく3/20に播種したレタス(写真:左2)もそろそろ畑に定植しようかな~っと。 かなり徒長しているけれど、深目に植えればOKでしょう!
(日頃、ネガティブなくせに、こんな時だけポジになる。)

左は4/5に播種したレタス第二陣(写真:左1)。 サラダ好きな娘達のために、そろそろ第三陣を催芽しなくては~!


 山形の桜は、今週末に満開を迎えそうです。
タグ:家庭菜園
nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オヤジの休日(ジョギングと菜園) [ジョギング]

 昨日(日)は、県中央部の河北町で末娘のソフトボールの大会。 7時に現地着、試合まで1時間半あるのでジョギングで時間を潰すことに。

 「何故走るのか?」と問われれば、「自分が弱いから・・・」と。 その次が続かないけれど、表現出来ないだけで、自分では十分分っている。

 自分は弱い人間だから、漠然とした不安や焦燥感に襲われることがあって、ガムシャラに“頑張った感”を得れば強くなれる気がするんだよね。

 ジョギング開始(中学校)から数百mの「河北児童動物公園(無料)」に懐かしくてつい立ち寄る。 うちの子達が小さい頃に何度か来た、アットホームなミニ動物公園なのだ。

 いるのは、アヒルやヤギ程度だけど、直接“ふれあい”ができる。小さな子供には、大人が珍しいと思う動物を遠くから眺めるより、身近でも触れる動物の方が喜ぶんじゃないかな。

CA3B0225.JPG

CA3B0224.JPG

 まだ人がいないので「カモ君、おっはよ~!」、「ヤギさん、良い天気だね~!」と話し掛ける。やっぱ、黙って眺めるより、話し掛けたほうが楽しいし。

 ジョグを再開し、10分ほど町を走り回ると、町の文化ホールが目に入る。一瞬、都市ガスのタンクか、はたまた、お台場のフジTVか、といった・・・。後者は無いか・・・。

CA3B0229.JPG

 田んぼの向こうに、朝日連邦が見える。ジョグ中の携帯写真だとボンヤリだけど、ここの隣町(大江町)には朝日岳への登山口がある距離なので、肉眼ではハッキリくっきり&キレイ

CA3B0230.JPG

 町中から山(葉山)の麓方面に走り、紅花で財を成した富豪の屋敷跡「紅花資料館」の横から麓を登る。 「なんちゃらの道」で、距離は17km超らしく、滝やら霊場があるらしいが、当然、行ける所まで。 

 細い農免道路の3~5%?勾配の上り坂を「負けてたまるか~!」と心で叫びながら走る。 何に負けたくないのかは自身謎なのだが(w)。

 途中で何度か挫け、数十歩歩いは、再び、心の中で叫びながら走り、かなり麓を走り登ったところで、残雪が現れた。 雪でタラの木が横倒しになっている。 半月後なら山の幸GETだったな~。

CA3B0234.JPG

 更に1kmほど走り登ると展望台で、試合会場の町中のグラウンドが遠く下の平地に見えた。

CA3B0236.JPG


 調子に乗りすぎて、時間は試合まであと25分。 グラウンドまで最短ルートで5~6kmかな? 帰りは下りなのでkm5分切るとして、間に合うか??いや、そもそも足が持つか??
 (グラウンドに着いたら、既に1回裏だった~(w)。)

 試合の帰りに菜園を覗くと、地植の宝交早生のうち2株に花が咲いていた。 あれ?こんなに早かったけか??

P4140020.JPG

 満開の梅の木では、ミツバチ君が大忙し。 小さくて黒っぽいミツバチなので、ニホンミツバチなのかな? 

P4140009.JPG

 ミツバチ君、どうやらイチゴちゃん(花)には気付いていないな・・・・。

 そして夕食時に飲んだプレミアムモルツ500mlの美味しいこと!でも、あくまで1本で我慢、ガマン。

 充実し過ぎた1日は、バタンキューで幕を閉じたのでした。
nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オヤジーズの休日 [ソフトボール]

 昨日(土)の午前中、某女子高ソフトボール部員の親父4人がグラウンドに集合した。ある者は溶接機をトラックに積んで、またある者は手ぶらで。

 女子高の校内に大手を振って入れることは女子高生の親父の優越感なのである。共学校の親は地団駄踏んで悔しがる筈なのである。

 今回のミッションは、①バッティング練習用ネットの補修等、②顧問の車のリアフック補修、の2つなのである。

 バッティングネットは金属部分が劣化し折れ、使えないものが多いので、破損が酷いものは単管パイプとネットで新たに作成し、修理できるものは親父の溶接プロが直しちゃおう!と。

CA3B0215.JPG

CA3B0220.JPG

CA3B0222.JPG

 親父Sが溶接する様を見ていた親父Uは、「溶接機、俺も一台欲しい~」と。でも、U氏が溶接機を手に入れたら、無意味に、無闇やたらと何でも溶接してしまいそうだ・・・・。

 顧問の先生の車は、グラウンド整備用の鉄の巨大レーキを引いていたらリヤフックが壊れたとのことで、溶接出来ないか相談されたとのこと。

 当初、溶接プロの親父S氏は、車の燃料タンクの近くで溶接することに抵抗があったようだが、顧問のポジティブさに押されて渋々ながら溶接。

CA3B0219.JPG

 ミッションは午後に全て終わり、日向でイスに座って娘達の練習風景をホノボノと眺める。風は冷たいが、ポカポカ陽気と相殺され、予想最高気温20℃がそのままに「心地よい気温」になるのだ。

 グラウンド横の桜がいつもよりピンクっぽく見える。蕾かな?

P4130002.JPG

 娘達と同じ空間で同じ時間を過ごせる幸せ。。 そう思っているのは、親父だけ~(w)。 いつも、父と娘はワンサイドなのね~。。
nice!(10)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小畑補完計画(やっと本葉) [家庭菜園]

 職場の歓迎会やらetcで、育苗中のポットへ愛情を注ぐ間もなく5日が経ってしまった。

 毎朝、天気予報で日差しと気温を確認し、育苗箱(衣装ケース)の蓋に開ける隙間を“えいや!”と決め、水をやり、自宅敷地の日当りに出して出勤する。

CA3B0209[1].jpg

 予想最高気温が一桁でも、日差しが強い日には、内部の温度が上がり過ぎてしまう。3月末には、3月中旬に播種したトマトとシシトウをそれで焼いてしまい、トマトは播種し直したのだ。

 4月に入り、最高気温が15℃程度の日が増えたので、晴れの日は蓋の隙間を5~6cmに、曇りの日は2~3cm、最高気温が一桁の日は密閉で。

 3月末の失敗時に、最高最低温度計が目盛を振り切り壊れてしまったので、実際、これで内部が何度になっているかは???なのだが、なんとかギリ順調の域かな~。 

 トマトは播種から約2週間でようやく本葉が出てきた。

P4120008.JPG

 3/23に播種しブロッコリーもレタスもともに2葉期に入った。ともに徒長しているけれど(w)。

P4120009.JPG

P4120010.JPG

 事前に催芽して4/7に播種した第2陣のレタスはまだ子葉

P4120011.JPG

 そして今朝、駅伝のため中学校に集合する末娘を6時に車で送り、そのまま菜園に向かう。上の娘の部活の作業協力(ネット補修etc)の時間まで2時間ほどあるので、朝仕事をしようかと。。

 でも、予報最低気温が-2℃だったため一面に霜が降りており、寒くて一気にやる気を失う。朝の畑仕事はヤメタ。高校の作業時間までに、これまた放置していたブログをUPしよう。

 ここ数日、最低気温は-2~0℃が続いていたので、イチゴもニラも凍えている。

 定点観測〔地植宝交早生〕

P4130004.JPG

 ソネブロは写真の上手なブロガ―さんが多いので、自分もアップの写真を撮ってみた。

 霜の花が咲いたイチゴとヒメオドリコソウ。

P4130008.JPG

P4130009.JPG

 でも、機材もテクニックも感性も持ち合わせて無い自分には、身の丈にあった写真しか撮れなかった(w)。

 山形では、やっと梅が咲いた。

P4130011.JPG
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小畑補完計画(作業編day6)

 3月20日に播種していたレタスは、23日に出芽し、出芽後2週間でようやく本葉が出てきた。とはいえ、徒長気味・・・。

0406retas.JPG

 レタスに限らず、例年、3月に播種する野菜類は、ほぼ全部徒長気味になる。 発泡スチロールや衣装ケースを利用した育苗箱は、密閉され高湿度なので徒長気味になるのだろうな~。

 出芽後は、蓋を小まめに開閉して湿度と温度を管理できれば徒長を防げるのだろうが、仕事に出掛けたら放置状態だから仕方がない。

 スティックブロコリーも徒長してしまった。いまどきのモデルさんの様に、足が長くてすらっとしている・・・。いかにも軟弱そう。 (写真はピンボケ)

CA3B0206.JPG

 そこで昨年もとった「臭いものにフタ」的な対処法を。単に、用土を継ぎ足して、徒長を誤魔化すだけ。

CA3B0207.JPG

 催芽していたレタスの第2陣の種をポットに播種した。今度は徒長しないようにしないと!

saigaretas.JPG

saigaretasu2.JPG

 その後、数日ぶりに畑のイチゴに会いに行った。 たった数日では劇的な変化はないけれど、確実に、着実に、一歩一歩成長している。

after 地植え宝交早生(4/6)

0406jiuefix(01).jpg

before 地植え宝交早生(3/30)

fixfild.JPG

 また、少し早かったが、貰って来た空肥料袋に土を詰めて、ごぼうを播種した。 1袋に3本×6袋の目論み。 ベンチ・イチゴ同様に使われていない境界間際の緩傾斜地に袋を置いたので、畑の有効活用にもなる。

 袋に詰めた用土は、畑の土:完熟堆肥= 4 : 1 くらいの割合でブレンドした。 ベンチ・イチゴ同様に堆肥が多いが、堆肥を万能薬と思っている訳ではなく、袋の移動を考慮すると少しでも軽くしたかったのだ。

 野菜の袋栽培は、省力的に雑草管理ができる筈なので今年からの新たな取り組みなのだ。こと、ごぼうに関しては、畑を深耕しなくても済むし。

 これから本格的な春を迎え、野菜の成長も、雑草の発生も加速してくるだろうけど、娘達の部活も活動が本格化してくるので、菜園に費やせる時間が厳しくなってくる・・・・。 できるだけ荒らさないようにしないと・・・。

 山形では、やっと梅の蕾がほころんできた。桜の開花まで、あと10日といったところかな~。

ume.JPG
nice!(9)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やはり、友人の強さを知って欲しいと思った。

 昨日、小学校~高校まで一緒だった友人S君の葉書を受け取ってから、気持ちが揺れ動き、不安定になっていた。

 胸が張り裂けそうな悲しみを誰かに吐きだせば楽になれるかと思い、昨晩ブログに書いてみたが、夜は眠れず、むしろ他人に悲しみを押しつけて楽になろうとする自分に嫌悪感を覚え、一晩で削除した。

 今日もずっとS君のことが頭から離れなかった。僕と違い、彼は強い人間だった。

 そして、ようやく、今、自分で少し落ち着いて考えられるようになった。

 最初のブログ(削除済み)は自分が楽になるためだった。 次のブログ(この一つ前)は、それに対する嫌悪感を懺悔するためだった。 いずれも、自分本位でしかなかった。

 「今の自分に出来ること」は何か。。。 自分なりに整理がついた。 自分のためにではなく、「S君の強さを知ってもらうためにブログに書こう。」と。


 お互い子育てが忙しくなってからは、年賀状のやり取り程度になっていたS君。

 昨日届いた彼からの手紙には、

 「数年前に、筋委縮性側索硬化症(ALS)を発症。現在は、進行し、気管切除し呼吸器装着(発声不可能)、四肢の動きが制限。 これまで職場の理解で在籍していたが、この度、退職した。」

 「『これから』と思った矢先の出来事で大変悔しいが、これも人生と捉え、『今の自分に出来ること』を見つけていく。障害者用PCでメールは出来るので近況をやりとりしたい。」

 「職場や皆に『感謝、感動、おもいやり』を教えいただいた。」と記されていた。

 実は、S君のお母様も10年近くALSと闘病し、50代で亡くなっていた。 もう20年近く前になるが、葬儀で気丈に振る舞うS君が、まさか後年、お母様と同じ病に冒されるとは思ってもみなかった。

 日本にALSの患者さんは1万人にも満たないというのに・・・・。

 人は、時に何気に「万が一」などと表現するが、その万が一(0.01%)以下の確率の病気に、なぜ、S君とお母様は冒されなくてはいけなかったのか。。。

 うちの末っ子と同年代のお子さんを持つS君がどのような心境で手紙をタイプしたのかを考えだけで、僕の気はおかしくなりそうだったが、S君の心の強さが僕を救ってくれた。

 S君の葉書には、「ips細胞の研究・開発に期待しつつ、毎日を明るく生きていこう。」ともあった。

 そうだ!医学医療は飛躍的に進歩しているんだ!本人が希望を失わずに頑張っているのに、勝手にメソメソしている自分はなんて失礼なやつなんだ!


 僕も「今の自分に出来ること」が何なのかを考えながら、少しでも病気で苦しむ人の役に立てるように生きていこう。とりあえず、次の休日には献血をしに行こう、と。

nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。