So-net無料ブログ作成
検索選択

新たなスタート [ソフトボール]

 ソフトボール県高校総体の翌週6/15(土)~6/16(日)に、早速、ソフト国体地区予選が開催された。

 多くの高校は2年生以下の新チームで参戦するが、高校によっては3年生も参加するチームも。

 うちの娘の部は、最近まで3年生6名、2年生4名のキワドイ計10名で試合を戦ってきたが、今回から2年生4名、1年生5名の本当にギリ計9名の新チームで戦うことに。

 娘もそうだったが、監督の方針で、1年生部員は4月の入部以来、3年生引退まで、ほぼ走り込みと筋トレストレッチしかしていなかった。
 (怪我をしない体を作るのが先 & 目先の試合の勝敗より、中期的視点でのチーム作り)

 加えて、初めてのポジションに就く1年部員もいる。 果たして、試合になるのか???状態。


 試合が始まると、1年生は、久々にボールを触ったのと緊張からか、舞い上がり状態でエラー続出。 心ここに在らずって感じ。 お~い、グラウンド上で幽体離脱していないか??(w)。

 初の公式戦だし、やっぱり緊張するんだろうな~。 

 思い出せば、去年、うちの娘も初公式戦の この予選で、初サードを命じられ守備ボロボロで、先輩に迷惑掛けたっけ~~。

 でも、流石に試合慣れした2年生は全員落ち着いていて、新キャプテンの我が娘は、去年の自分を思い出したのか1年生に小まめに声を掛けてあげてる。

 結局、新チームでの初戦は、内容ボロボロで お父さん指 から 末っ子指 までの点差をつけられて負け。

 な~に、去年の新チームの初戦はコールド負け。 コールドでないだけ、去年よりマシ!!
 (去年の新チームにも我が娘は出ているので、去年のチームを卑下するものではないですよ・・)

 この予選では、9校中、5校が本選に行け、初戦で負けても敗者復活で2連勝すればOK!! 去年も2連勝して復活したし、今年も・・・・・、厳しいかな・・・。


 でも、その後、敗者復活戦は1年生が落ち着きを取り戻し、2試合連続勝利で国体県大会の参加権をGET~!


 この新チームの 初公式戦 & 初敗北 & 初勝利 を最初の一歩として、先輩後輩の礼儀はわきまえつつも、小所帯ならでは強い連帯感の“仲間”の絆を築いて欲しいな~~。


 後輩達の新チームスタートと同時に、引退したうちの先輩達も“受験”という新しいスタートを切っている。

 他方で、ソフト推薦で私立高に入った娘の中学時代の先輩は、引退から心にポッカリ穴があいたままで、まだ、進路を考える気分じゃないようだけど、気持ち判るな~。

 ソフトが大好きで、朝から晩までソフト漬けだったからね。 慌てずに次の目標を見つけてスタートを切れば良いよ! 


 何はともあれ、皆、悔いのないように頑張ろう~~~。
nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鶴岡市櫛引(旧櫛引町)にて [日記]

 先日行われた県高校総体ソフトボールの開会式場となった、鶴岡市櫛引(旧櫛引町)の総合運動公園は、サクラマスで有名な赤川の河川敷にあり、“ゆーTOWN”という温泉が隣接していた。
CA3B0217.JPG

 かつて、この地庄内に転勤で5年間住んでいた時は、赤川(サクラマス)にしか目が行っていなかったので、温泉施設“ゆーTOWN”を気にも留めていなかった。

 しかし、折角なので、娘達の試合の待ち時間に、同施設の周辺を散策してみた。

 河川敷には、運動公園の他に普通の公園もあって、若い夫婦が幼い子供を遊ばせていた。 うちの子達にも、あんな頃があったけな~~と(w)。
CA3B0218.JPG

 温泉の正面には、“温泉マーク”の三本の湯気の様なオブジェが。 でも、このオブジェ、イマイチ普通というか、ややインパクトが弱い・・・・。
CA3B0214.JPG

 どうせなら、隅田川沿いの“黄金う△こ”君ばりのインパクトが欲しかった(w)。

 温泉の駐車場の一角には、「温泉スタンド」なるものが。 24時間利用可能&100L/100円と看板がある(安い!)。 近くの方はタンクを持って汲みに来て、200円程度で自宅で温泉を楽しめるんだね~。
CA3B0216.JPG

 看板を注意深く読んでみても、“スタンドの操作方法”と“トラブル時はフロントへ”しか記載されていない。

 看板では禁止されていないが、ここでノズルから直接温泉を浴びてもいいのかな?? 露天温泉シャワーだ~~! あ、でも、タオル忘れたからダメだ!!
 (そんな奴おれへんやろ~!!by大木こだま・ひびき師匠)

 駐車場の別の一角には、旧櫛引町出身の横綱「柏戸関」のブロンズ像が鎮座ましましていた。
CA3B0220.JPG

 でも残念ながら、僕、柏戸関の現役時代を知らなかった・・・。 ジェシーこと高見山大五郎関は知ってるんだけどな・・・。

タグ:温泉
nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お疲れ様、そして、ありがとう [ソフトボール]

 高校総体ソフトボール大会が、6/7(金)~6/9(日)に開催された。

 前もって、前倒しできる仕事は済ませ、なんとか仕事を遣り繰りして、金曜は有給休暇を取得し、サポート&応援で会場となる日本海に面した庄内地域の市に馳せ参じた。

 顧問の先生が手配できた貸切バスは、内陸から庄内の試合会場までの初日早朝の片道100kmだけ。 試合が終われば会場から約10km離れた宿舎まで保護者が送迎し、2日目以降も宿舎と試合会場間を送迎し、最終日には内陸まで乗せて帰らなければならない。


 一試合目となる初日は、県立高校同士の対戦。 うちはノーエラーの零封で圧勝。 圧勝過ぎて浮かれ、気付くのが遅れてしまったが、負けたチームは会場の隅で涙を流している。 そう、3年生には最後の大会。

 幸い今は勝てたが、次か、またその次か、早晩うちのチームも涙を流すことになる・・・・。 トーナメントとは、そういうもの。 優勝する1校を除いて、必ず負けで幕を閉じる。

 
 翌日にあった二試合目、相手は強力打線の私立高。 トーナメント表を見れば、ここが山場。 この山越えれば、4強がハッキリ・クッキリ見え、幻覚なのか2強・決勝戦が霞の向こうにボンヤリと見える~!

 部員数僅か10名ながら、最近は隣県の強豪私学とも遜色ない試合が出来てた娘達、果たして・・・。

 両チーム、お互いノーエラー&ヒット1本づつ、0:0で最終回の7回を向かえた。

 7回表のうちの攻撃は2アウト3塁から得点できず、7回裏の相手攻撃は1アウトからポテンヒットのランナー1塁、後、ドカンの一発でサヨナラ負け・・・・。 0:1x。

 娘達は全員、涙を流している。 見ているこっちも涙腺が緩む。

 3年生の先輩、中学~高校の5年2カ月のソフトボール生活、お疲れさまでした。

 娘は、不甲斐ないショートで、先輩には、ご迷惑を掛けました。 

 厳しい高校の部活をやり遂げました。

 10人しかいなくても、努力すれば私学と渡り合えるということを示してくれ、心強くなりました。

 そして、感動をありがとう。

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小畑補完計画(イチゴ収穫)&和菓子襲来(イチゴ大福の日) [家庭菜園]

 菜園の露地イチゴが6/1から、ようやく収穫できるようになった。 今年は、防鳥ネットを張るのが遅れて、“おませ”なイチゴをカラスに食べられたので、それがなければ、あと2日は早かったかな。
strnet.jpg

strnetup.jpg

 うちの菜園の近くに鎮守の森があってカラス君の巣窟となっているので、スイートコーンやイチゴは防鳥ネットを張らないと格好の餌食に・・・。 (カラスなのにカッコウとはこれ如何に)

 憎っくきカラス君のはずだが、映画の「ナニー・マクフィー~空飛ぶ子豚~」を見てからというもの、Mr.エーデルワイス(カラス君)が憎めなくなっちゃってね~。

 いや、イチゴの犯人をカラス君と決め付けること自体が早計かもしれない。 うちの菜園にはキジもツガイで出没するし、鳩も来るし。

 いずれにしても、6/1(土)に20粒程度を収穫し、翌6/2(日)も20粒程度収穫。 

 6/2(日)に収穫したイチゴは、イチゴ大福にしてみた。

 菜園からの帰路上にある業務スーパーに立ち寄り、餡子と白玉粉と切り餅を購入。

 イチゴを少々ツマミ食いし、残ったイチゴ17粒をコシ餡で包む。
strdaifuku.jpg

 コシ餡800gを17等分して使い切ったので、1個当り約47gのコシアンで包んだことになる。 和菓子屋の上品なイチゴ大福より、はるかにデカイ! アンコ多過ぎ(w)。 イチゴと餡のバランスは大丈夫なのか?? 
stdafkup.jpg

 大福の皮は、白玉粉で作るか、切り餅で作るか・・・。 前者も良いが、後者のいかにも“餅”って感じの食感も堪らないし・・・・。 で、暫し悩んで後者に決定。

 切り餅を少し濡らして、レンジでチンして、冷めても固くならないように砂糖を加えて、熱々を練って、片栗粉に広げて~~。 アンコ・イチゴ・ボールを大福皮で包む~~。

 当然ながら、餅の皮で包んだら、デカ・イチゴ大福に。
daifdish.jpg
(大福の皮の厚さがバラバラ(w)。

 17個のデカ・イチゴ大福を作り終えた瞬間、中2末娘がソフトボールの部活から帰宅し、4個を瞬食。 その後、高2の長女も部活から帰宅し、(体重を気にして)躊躇いながらパクつき、自分と奥様も食べてと、好評のうちに作った1時間後には10個が消失(w)。

 末娘は「明日のおやつに2つキープしててね!!」と。 皮が白玉粉じゃないから、1日経った今日はちょっと固くなっちゃたけどね~。

 洗練さの“セ”の字も無いイチゴ大福だったけど、喜んで食べてもらえて、作った本人は大満足だったのだ~~。
nice!(10)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。