So-net無料ブログ作成
検索選択
ジョギング ブログトップ

オヤジの休日(ジョギングと菜園) [ジョギング]

 昨日(日)は、県中央部の河北町で末娘のソフトボールの大会。 7時に現地着、試合まで1時間半あるのでジョギングで時間を潰すことに。

 「何故走るのか?」と問われれば、「自分が弱いから・・・」と。 その次が続かないけれど、表現出来ないだけで、自分では十分分っている。

 自分は弱い人間だから、漠然とした不安や焦燥感に襲われることがあって、ガムシャラに“頑張った感”を得れば強くなれる気がするんだよね。

 ジョギング開始(中学校)から数百mの「河北児童動物公園(無料)」に懐かしくてつい立ち寄る。 うちの子達が小さい頃に何度か来た、アットホームなミニ動物公園なのだ。

 いるのは、アヒルやヤギ程度だけど、直接“ふれあい”ができる。小さな子供には、大人が珍しいと思う動物を遠くから眺めるより、身近でも触れる動物の方が喜ぶんじゃないかな。

CA3B0225.JPG

CA3B0224.JPG

 まだ人がいないので「カモ君、おっはよ~!」、「ヤギさん、良い天気だね~!」と話し掛ける。やっぱ、黙って眺めるより、話し掛けたほうが楽しいし。

 ジョグを再開し、10分ほど町を走り回ると、町の文化ホールが目に入る。一瞬、都市ガスのタンクか、はたまた、お台場のフジTVか、といった・・・。後者は無いか・・・。

CA3B0229.JPG

 田んぼの向こうに、朝日連邦が見える。ジョグ中の携帯写真だとボンヤリだけど、ここの隣町(大江町)には朝日岳への登山口がある距離なので、肉眼ではハッキリくっきり&キレイ

CA3B0230.JPG

 町中から山(葉山)の麓方面に走り、紅花で財を成した富豪の屋敷跡「紅花資料館」の横から麓を登る。 「なんちゃらの道」で、距離は17km超らしく、滝やら霊場があるらしいが、当然、行ける所まで。 

 細い農免道路の3~5%?勾配の上り坂を「負けてたまるか~!」と心で叫びながら走る。 何に負けたくないのかは自身謎なのだが(w)。

 途中で何度か挫け、数十歩歩いは、再び、心の中で叫びながら走り、かなり麓を走り登ったところで、残雪が現れた。 雪でタラの木が横倒しになっている。 半月後なら山の幸GETだったな~。

CA3B0234.JPG

 更に1kmほど走り登ると展望台で、試合会場の町中のグラウンドが遠く下の平地に見えた。

CA3B0236.JPG


 調子に乗りすぎて、時間は試合まであと25分。 グラウンドまで最短ルートで5~6kmかな? 帰りは下りなのでkm5分切るとして、間に合うか??いや、そもそも足が持つか??
 (グラウンドに着いたら、既に1回裏だった~(w)。)

 試合の帰りに菜園を覗くと、地植の宝交早生のうち2株に花が咲いていた。 あれ?こんなに早かったけか??

P4140020.JPG

 満開の梅の木では、ミツバチ君が大忙し。 小さくて黒っぽいミツバチなので、ニホンミツバチなのかな? 

P4140009.JPG

 ミツバチ君、どうやらイチゴちゃん(花)には気付いていないな・・・・。

 そして夕食時に飲んだプレミアムモルツ500mlの美味しいこと!でも、あくまで1本で我慢、ガマン。

 充実し過ぎた1日は、バタンキューで幕を閉じたのでした。
nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年2回目の献血 [ジョギング]

 ここのところ、日中の最高気温がプラスの日が続いていたので、ようやく道路の雪が消えたかと思っていたのに、今朝起きて見たら、また雪景色に逆戻り。

 早春の気象は、三寒四温、上下の波を繰返しながらも、確実にトレンドは緩やかながら右上がりに春に向かっている。 もう少しの辛抱。

 さて、僅かに小雪が舞ってはいるが、先週の三連休で娘の遠征に帯同し親父達と目一杯飲み食いした帳尻を合わせるため、ジョギングに出なければ・・、と。

 Myコースをkm当り5分半ペースでジョグり、折返しとなる約5km地点にある献血ルームで休憩。 リクライニングシートに座り、コーヒーを飲み、雑誌を読みながらの、まっ~た~り~とした1時間の成分献血。

 途中で看護師さんがコーヒーのお代わりを聞きに来てくれる至れり尽くせり。

 自分が最初に献血をしたのは高校生16才の時。 ちょうど30年前のことで、遊びに行ったダイエーの裏に来ていた移動献血車でのことだった。

 実は、自分は特に関心も無かったのだが、一緒にいた友人に誘われ、渋々付き合った・・・、というのが本音。

 でも、献血が終わった頃を見計らって、自分の親位の年齢の職員の方(赤十字の方かな?)が僕らのためにアイスクリームを買ってきてくれていた。 そして「感心な高校生だ」と褒めてくれた。

 それ以来、移動献血車を見掛けると献血をしてきたし、そのためか、15年くらい前には、赤十字から電話が掛かってきて献血をしに行ったこともある。 暇な休日には、町中の献血ルームにも行った。
(急に手術で血液が必要になった旨。当時、赤十字と職場が近かったから白羽の矢が刺さったのかな?)

 でも、献血回数を自慢する気も無いし、面倒なので献血カードはちょくちょく捨てていたので、僕の献血回数はいつも1~2回だった。 「何枚かカードがあれば一緒にしますよ」と言われたこともあり、どうやら昔は献血回数は各人が持つカードを見ないと把握できなかったようだった。

 いつの頃からか、献血情報が磁気カード&PCで管理されるようになっていたが、今回の献血で、赤十字の管理する僕の献血回数が10回になったようで、記念品をいただいた。

kenketusd.jpg

 大変素敵なガラスの杯。

 僕は日本酒は・・・なので、大好きなウイスキーをストレートで飲むのに使うか・・・。
 (ダメだ・・・、イメージできない・・・)

 これまで、献血をして色々な物をいただいてきた。 決してモノ目当てで献血してきた訳ではないが、ありがたく頂戴してきた。 その多くは、協賛企業の善意なのだ。

 お菓子、カップめん、歯磨き粉etc。 マヨネーズをいただいた時は、マヨラーの僕はその場で吸ってみたものだ(w)。

 成分献血が始まったばかりの頃、成分献血をしてテレホンカードを貰ったことがあったが、流石に金券の類なので気が引けたのを覚えている。

 バブルが弾け切っていなかった頃なので、企業の協賛も多かったんだろう。 

 献血の後、これまたコーヒーをいただきながら新聞を読みまっ~たりと30分ほど休憩し、ジョグで帰路の5kmにつく。

 でも、前回の献血時同様、「献血直後だから、大事をとって歩こう」と自分に甘くなって、帰りの1/3は歩いてしまった

 帰宅後、汗で濡れたシャツを着替えると、まるで風呂上がりのような“軽い疲労感”と“ポカポカ感”と“さっぱり感”。 冬のジョグは気持ちいい~。




nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

老舗料亭の鍋、食べたかった・・ [ジョギング]

 休日ながら、朝の子供達の送迎を一通り終えると、9時には時間が出来た。

 夏と違って、冬は娘達が自転車で部活等に行けないので朝と夕に送迎をしているのだ。

 息子は雪道を自転車で通っていたが、男の子は反射神経も良いし丈夫だから転んで怪我することがないけど、女の子だと心配なのね~(w)

 天気も良いので9時半からジョギングを開始。 僕の場合、毎回1周約10kmの市内を循環する同じコースに固定して、体調に応じスピードを変えたり、ウォーキングを入れたりしている。

 先週末は天候が悪かったので、2週間ぶりのジョギングになってしまった。 まだまだ体が冬モードなので、ゆっくりkm6分ペースで走る。

 市中心部に入ると、広場で「老舗料亭の鍋まつり」の準備中。 「寒鱈なべ」「山形牛の角煮鍋」など、魅力的過ぎる文字が目に入ってくる。 一杯300円だ!

 何といっても、老舗料亭の鍋なのである! ここ4~5年は老舗料亭の門をくぐったことがないのに、目の前に“老舗料亭の味”が待機しているのだ。

CA3nabesd40.jpg

 でも、まだ準備中で、販売は12時からなので、あと2時間以上・・・・。 後ろ髪引かれながらスルー。

 更に進み、スタートから5km程(全体の約半分)走った時点に、献血ルームがある。

 この1月からMyジョギングコース上に献血ルームが移転して来たので、3週間前にジョギング中の休憩がてら献血したところ、あまりに居心地が良く、今日も立ち寄ってみた。

 しかし、盛況で待ち時間が1時間半とのこと。 以前、冬場は献血者が減ると聞いていたが、なかなかどうして、素晴らしい繁盛。 

 どうせ毎週ジョギングでこの前を通過するのだからと、献血はまたの機会にし、ジョギングを再開。

 7kmくらいの地点で左膝裏に違和感が出てきたので、そこからはウォーキングに切り替え自宅まで。

 来週の3連休は、娘の部活で秋田遠征に運転手団の一人として行くので、秋田でジョギングしているかな?? 雪が多くて無理かな??

nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大寒の先に待つ立春 [ジョギング]

  今日は二十四節季の大寒。 一年で一番寒い期間にあるということで、考えようによっては、この後は上昇トレンドにあると。

 更に、あと約2週間後には、“立春”だ!! 暦上とはいえ、“立春”などと聞いただけで、ソワソワしてくる。

 その頃には、菜園の計画を立て始めないと。 菜園準備は更にまだその先になるけど。


 さて、今朝、長男をセンター試験に、長女を部活に車で送り、そのまま市内中心部の城址公園に行く。 城址公園に車を止め、公園を核にぐるっと周囲を5km程ジョギング

 最近は雪道ジョギングでトレラン用シューズを履いてますが、当然滑ります。

 体幹を意識し、荷重が前傾にも後傾にもならないよう、体軸の真上に荷重が来るように走れば、足元が滑っても転ぶ気配すら見せずに安定して走れます。 スキーと同じですね。

 まあ雪国では、中学や高校時代に部活で雪道を走らせられるので、大半の人がコツを習得してますけどね。(w)

 自分は元々所有のトレランシューズを流用してのジョギングですが、知人にはスノトレでジョギングする者も。 

 車のタイヤの場合、スタッドレスに比べるとノーマルタイヤのグリップ力は“論外”だけど、スノトレのソールは氷でもグリップするんだろうか?

CA3kajyop(s55.jpg

CA3mogami(s55.jpg

 天気が良く、雪と青空と最上義光候の銅像のコントラストが、一瞬だけ大寒であることを忘れさせ、立春かと錯覚させてくれます。



タグ:ジョギング
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年の初献血 [ジョギング]

 趣味が釣りや菜園なもので、冬場は休日になると暇になる。 一昨年までは、子供の部活送迎や手伝い等で冬も忙しかったので、落差が大きい。

 今日は、幸いにして天気が良かったので、午前中にジョギングに出た。 約10kmのコースの中間より先に献血ルームがあるので、“ついでに献血もしよう!”と。

 歩道には約5cmの積雪がある。 大雪だった、昨年、一昨年と比べたら本当に天国みたいなものだ。

 雪道を慎重に、ゆっくり6kmほどジョグって、献血ルームに到着。 腕が冷え切って血管が収縮し、血管を探すのが大変そうで、申し訳ない気になってしまった。

 快適な献血用のリクライニングシートに横になり、まっ~たりと雑誌を読みながら、コーヒーをいただき、約1時間。 なんか非常に優雅な時間を過ごした感じだ。 

 献血後のチラシには、「直後の激しい運動は控えるように」旨が記載されていたので、念のため、帰りは4kmを半分歩いて、半分ジョグって帰宅。

 軽い腿の疲労感が、充実感を感じさせてくれる。 が、早く春になって、ロッド振りたい・・・・。 鍬を振りおろしたい・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ジョギング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。