So-net無料ブログ作成
ソフトボール ブログトップ

新たなスタート [ソフトボール]

 ソフトボール県高校総体の翌週6/15(土)~6/16(日)に、早速、ソフト国体地区予選が開催された。

 多くの高校は2年生以下の新チームで参戦するが、高校によっては3年生も参加するチームも。

 うちの娘の部は、最近まで3年生6名、2年生4名のキワドイ計10名で試合を戦ってきたが、今回から2年生4名、1年生5名の本当にギリ計9名の新チームで戦うことに。

 娘もそうだったが、監督の方針で、1年生部員は4月の入部以来、3年生引退まで、ほぼ走り込みと筋トレとストレッチしかしていなかった。
 (怪我をしない体を作るのが先 & 目先の試合の勝敗より、中期的視点でのチーム作り)

 加えて、初めてのポジションに就く1年部員もいる。 果たして、試合になるのか???状態。


 試合が始まると、1年生は、久々にボールを触ったのと緊張からか、舞い上がり状態でエラー続出。 心ここに在らずって感じ。 お~い、グラウンド上で幽体離脱していないか??(w)。

 初の公式戦だし、やっぱり緊張するんだろうな~。 

 思い出せば、去年、うちの娘も初公式戦の この予選で、初サードを命じられ守備ボロボロで、先輩に迷惑掛けたっけ~~。

 でも、流石に試合慣れした2年生は全員落ち着いていて、新キャプテンの我が娘は、去年の自分を思い出したのか1年生に小まめに声を掛けてあげてる。

 結局、新チームでの初戦は、内容ボロボロで お父さん指 から 末っ子指 までの点差をつけられて負け。

 な~に、去年の新チームの初戦はコールド負け。 コールドでないだけ、去年よりマシ!!
 (去年の新チームにも我が娘は出ているので、去年のチームを卑下するものではないですよ・・)

 この予選では、9校中、5校が本選に行け、初戦で負けても敗者復活で2連勝すればOK!! 去年も2連勝して復活したし、今年も・・・・・、厳しいかな・・・。


 でも、その後、敗者復活戦は1年生が落ち着きを取り戻し、2試合連続勝利で国体県大会の参加権をGET~!


 この新チームの 初公式戦 & 初敗北 & 初勝利 を最初の一歩として、先輩後輩の礼儀はわきまえつつも、小所帯ならでは強い連帯感の“仲間”の絆を築いて欲しいな~~。


 後輩達の新チームスタートと同時に、引退したうちの先輩達も“受験”という新しいスタートを切っている。

 他方で、ソフト推薦で私立高に入った娘の中学時代の先輩は、引退から心にポッカリ穴があいたままで、まだ、進路を考える気分じゃないようだけど、気持ち判るな~。

 ソフトが大好きで、朝から晩までソフト漬けだったからね。 慌てずに次の目標を見つけてスタートを切れば良いよ! 


 何はともあれ、皆、悔いのないように頑張ろう~~~。

お疲れ様、そして、ありがとう [ソフトボール]

 高校総体ソフトボール県大会が、6/7(金)~6/9(日)に開催された。

 前もって、前倒しできる仕事は済ませ、なんとか仕事を遣り繰りして、金曜は有給休暇を取得し、サポート&応援で会場となる日本海に面した庄内地域の市に馳せ参じた。

 顧問の先生が手配できた貸切バスは、内陸から庄内の試合会場までの初日早朝の片道100kmだけ。 試合が終われば会場から約10km離れた宿舎まで保護者が送迎し、2日目以降も宿舎と試合会場間を送迎し、最終日には内陸まで乗せて帰らなければならない。


 一試合目となる初日は、県立高校同士の対戦。 うちはノーエラーの零封で圧勝。 圧勝過ぎて浮かれ、気付くのが遅れてしまったが、負けたチームは会場の隅で涙を流している。 そう、3年生には最後の大会。

 幸い今は勝てたが、次か、またその次か、早晩うちのチームも涙を流すことになる・・・・。 トーナメントとは、そういうもの。 優勝する1校を除いて、必ず負けで幕を閉じる。

 
 翌日にあった二試合目、相手は強力打線の私立高。 トーナメント表を見れば、ここが山場。 この山越えれば、4強がハッキリ・クッキリ見え、幻覚なのか2強・決勝戦が霞の向こうにボンヤリと見える~!

 部員数僅か10名ながら、最近は隣県の強豪私学とも遜色ない試合が出来てた娘達、果たして・・・。

 両チーム、お互いノーエラー&ヒット1本づつ、0:0で最終回の7回を向かえた。

 7回表のうちの攻撃は2アウト3塁から得点できず、7回裏の相手攻撃は1アウトからポテンヒットのランナー1塁、後、ドカンの一発でサヨナラ負け・・・・。 0:1x。

 娘達は全員、涙を流している。 見ているこっちも涙腺が緩む。

 3年生の先輩、中学~高校の5年2カ月のソフトボール生活、お疲れさまでした。

 娘は、不甲斐ないショートで、先輩には、ご迷惑を掛けました。 

 厳しい高校の部活をやり遂げました。

 10人しかいなくても、努力すれば私学と渡り合えるということを示してくれ、心強くなりました。

 そして、感動をありがとう。

満開の桜の下の雪見 [ソフトボール]

 土日は、高校ソフトボールの地区の春季リーグ戦。

 高2娘の所属部は3年&2年で10名の小所帯だった。 それが、新1年部員5名の加入で、一気に1.5倍に! それでも15名だが(w)。

 これにて、2ヶ月後に3年生6名が引退しても、部員が9名! 今年もギリギリチームができる!

 でも、3年生は泣いても笑ってもあと2カ月。 ローカル大会を間に挟むものの、公式戦は、この春季リーグと6月の高校総体(地区予選)の2つを残すのみ。

 小所帯だからこそ、懸命な姿が見えて。 ギリギリの部員数なので皆、何がしかの故障を抱えながら騙し騙し試合に出ていた。 

 このチームメイトで戦う“春季リーグ”は、これで最後なんだね・・・・。



 1日目:土曜(昨日)、会場は晴れながら、気温は一桁。 寒いながらも、満開の桜は綺麗でした。

P4200005(sd.jpg

P4200008(sd.jpg

 試合の結果は、・・・・・・。 まあ、相手はスポーツ推薦制度がある高校なので、予定通りなんですがね~。



 2日目:日曜(本日)、起きたら降雪・・・。 こりゃ試合はリ~ム~でしょ・・・。

 はやり、会場に着くと、大会中止の判断。 会場の外野ネットetcを撤去して終了。

 我が校は、そのまま自校に戻って練習に。 娘達と道具を運搬し、校内の桜をパチリ。

CA3B0232.JPG

 まさか、花見と雪見が一緒に出来るとは思ってなかった(w)。

CA3B0233.JPG

CA3B0235.JPG

 昼のニュースでは、桜満開の時期の積雪は2006年以来で、市内の積雪は6cmとのこと。

CA3B0234.JPG

 スタッドレスタイヤは交換していたものの、交換した先が夏用スタッドレス(w)(要は、古くなった履き潰しのスタッドレス)だったので、普通に走行できたけど、ノーマルタイヤの車はノロノロ。

 だよね~。 GWの1週間前だもんね。 普通、タイヤ交換しているわな~~。

オヤジーズの休日 [ソフトボール]

 昨日(土)の午前中、某女子高ソフトボール部員の親父4人がグラウンドに集合した。ある者は溶接機をトラックに積んで、またある者は手ぶらで。

 女子高の校内に大手を振って入れることは女子高生の親父の優越感なのである。共学校の親は地団駄踏んで悔しがる筈なのである。

 今回のミッションは、①バッティング練習用ネットの補修等、②顧問の車のリアフック補修、の2つなのである。

 バッティングネットは金属部分が劣化し折れ、使えないものが多いので、破損が酷いものは単管パイプとネットで新たに作成し、修理できるものは親父の溶接プロが直しちゃおう!と。

CA3B0215.JPG

CA3B0220.JPG

CA3B0222.JPG

 親父Sが溶接する様を見ていた親父Uは、「溶接機、俺も一台欲しい~」と。でも、U氏が溶接機を手に入れたら、無意味に、無闇やたらと何でも溶接してしまいそうだ・・・・。

 顧問の先生の車は、グラウンド整備用の鉄の巨大レーキを引いていたらリヤフックが壊れたとのことで、溶接出来ないか相談されたとのこと。

 当初、溶接プロの親父S氏は、車の燃料タンクの近くで溶接することに抵抗があったようだが、顧問のポジティブさに押されて渋々ながら溶接。

CA3B0219.JPG

 ミッションは午後に全て終わり、日向でイスに座って娘達の練習風景をホノボノと眺める。風は冷たいが、ポカポカ陽気と相殺され、予想最高気温20℃がそのままに「心地よい気温」になるのだ。

 グラウンド横の桜がいつもよりピンクっぽく見える。蕾かな?

P4130002.JPG

 娘達と同じ空間で同じ時間を過ごせる幸せ。。 そう思っているのは、親父だけ~(w)。 いつも、父と娘はワンサイドなのね~。。

秋田スカイドーム遠征 [ソフトボール]

 先週末からの三連休に、高校1年の娘のソフトボール部の遠征で秋田市のスカイドームまで2泊3日のツアーに行って来た。

 うちの高校は部員がギリギリ9人しかいないので、保護者同士も和気あいあい。
 先生1人、部員9人、保護者6名の計17名が、道具車を含む計4台の乗用車に分乗し、土曜の早朝4時に山形を出発。
 片道が約200kmで最初の100kmは一般国道なので、試合開始の朝8時半は決して余裕は無いけれど、間に合うでしょう!と。
 天気は大荒れ模様だが、運転手4人のうち、自分を含めて3名は日頃から凍結路の長距離運転が日常なので、無問題。 ホワイトアウトで横壁が見えなくて泣きが入る様な吹雪でも、暗い時間帯はライトで横壁が少し見えて逆に走り易いし。

 毎日通勤する一般国道を北上し、60km先の職場を超えて更に北上し、1時間半後に秋田県境を越えた頃には、空も明るくなる、天気も落ち着き出す。
 県境を超え、暫くすると高速道路に乗ってしまえばこっちのもの。試合の30分前の8時には着くだろう。
(先生・・・・。そんなにギリで良いんですか? いつもは2時間前に会場入りするのに?!)

ourohw1.jpg

 高速道路(秋田道)の路面は圧雪凍結。まあ、ハナから諦めてます(w)。

 出発から4時間弱で到着。車にはお約束のエアロパーツが付着。しかも、後半はほぼ直線の高速道路だったので、インターチェンジで下りるためにハンドルを切ったらタイヤにガリガリと。

ouroare.jpg

 初めて来た秋田スカイドームは、予想以上に大きい!

domeout.jpg

domeinside.jpg

 こんな建物があれば。。。。。
 雪国では1年の1/3はハンディキャップがあって、野球もソフトボールも出来ないからね。。。。

 泊は運動公園内の宿泊施設に。 なんか懐かしくもあり、楽しくもある雰囲気。 いかにも“合宿”気分。
 親父には親父の合宿が待っているのです。

bedroom.jpg

wisky.jpg
 
 保護者の一人が持ってきたオールドパー15年。 親父の合宿には勿体ないような気が。。。。

 翌朝、前夜に摂り過ぎたカロリーを少しでも消費すべく散歩に。
 駐車場は一面がスケートリンク状態・・・。 パウダースノーを吹き飛ばす除雪機と背景にスカイドーム・・・。
 ソフトボールの大会でお世話になっている秋田の方に申し訳ないけれど、一瞬、頭に「秋田=極東」と。
 やっぱ、秋田は寒~~い!

icerink.jpg

domeoutwide.jpg

ソフトボール ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。